Team-SKY30 サイトのPVを増やそう計画

【Team-SKY30の取り組み】アクティブビュー(視認率)向上の施策

公開日:

こんにちは。SKYの児島です。

Team-SKY30のミーティングで「Google AdSenseのアクティブビュー(視認率)」が話題になりました。
色々と都市伝説の多いアドセンスですが、最近よく囁かれているのが「アクティブビュー(視認率)の改善で収益性が向上する」というもの。

それを、検証すべく9/13日から10/31日まで、Team-SKY30で「アクティブビュー(視認率)向上のための施策」をそれぞれが実施しました。

各自レポートは、今後当ブログでご紹介していきますが、今回は、そもそもアクティブビューとは何か?なぜ、アクティブビュー(視認率)向上のための施策が必要か?など、まずは、アクティブビューの基本的な知識についておさらいしたいと思います。

このページの目次

アクティブビュー(視認率)とは何か?

アドセンスの管理画面から、「レポート」→「デフォルトのレポート」と進むと、一番右端に「アクティブビュー」という項目があります。

アクティブビュー

これは、測定可能なインプレッションの総数のうち、視認可能なインプレッションの割合です。
(参照:アドセンスヘルプ

つまり、「広告のリクエスト回数」のうち実際にユーザーが広告を目にした回数の割合という事ができます。

例えば、アドセンスの「表示回数が1000回」で、そのうちユーザーに視認可能な広告が「600回」であった場合、「アクティブビュー率」は「60%」となります。

「ユーザーに視認可能な広告」÷「表示回数」= 「アクティブビュー率」

なぜ、アクティブビューの向上が必要か?

アクティブビューが向上すると、収益性が向上する可能性があります。
なぜかというと、見られていない広告は絶対にクリックされないからです。
ページ内にたくさん広告を設置したとしても、それが見られていなければ、広告がクリックされることはありません。
逆に、ページ内の広告が一つだったとしても、ユーザーの目にする回数が多ければ、クリックされる確率は高くなります。

そしてもう一つ、アドセンスには入札方法というものがあります。
アドセンスの管理画面から、「レポート」→「新しいレポート」と進み、レポートタイプを「入札単価タイプ」に切り替えるとみる事ができます。

入札方法

これは広告主がどのような方法で広告を出稿しているかを示すものです。
「クリック単価」での入札が圧倒的に多いですが、「CPM」や「アクティブビューのインプレッション単価」での入札もあります。

入札方法

「広告が見られること」自体を重要視する広告主が、少なからずいらっしゃるという事が分かると思います。

アクティブビューの高い広告枠を持っていると、「アクティブビューのインプレッション単価」での入札を受けられ、結果として収益性が向上する可能性があるのです。

アクティブビュー率を下げる要因は、フッター広告とは限らない

ユーザーに見られていない広告、と聞いて真っ先に思いつくのは「フッター広告」かもしれません。
ユーザーが記事を全部読んで、スクロールしてくれなければ見れない位置にある「フッター広告」は確かにアクティブビュー率を下げる一つの要因となります。

しかし、アクティブビュー率を下げる要因は必ずしも「フッター広告」とは限りません。
アドセンスのアクティブビュー率は「広告全体の50%以上が1秒以上見られなければいけない」というルールがあるからです。
(参照:アドセンスヘルプ)

つまり、広告がヘッダーなどのファーストビューに設置されていたとしても、1秒経たずにスクロールされればアクティブビューとして認められないのです。
実際、ネットリテラシーが高いユーザーが集まるコンテンツで、広告がヘッダーにある場合、ユーザーが即座にスクロールしてしまうケースは少なくなく、SKYのメンバーのサイトでも、ヘッダー広告のアクティブビューが伸びないという現象が起きていました。

逆にフッターまでの導線がしっかりとしているサイトなら、それ以上スクロールできない位置にある「フッター広告」が大きく収益を上げることもあり、アクティブビューの向上はサイトに合わせた、ケースバイケースな施策が求められます。

アクティブビュー率の施策で収益性も向上する?

さて、これまでの内容を要約すると
・アドセンスにはアクティブビュー(視認率)という概念がある。
・アクティブビューの向上は、収益性の向上につながる可能性がある。
・アドセンスのアクティブビュー率は「広告全体の50%以上が1秒以上見られなければいけない」というルールがある。
・アクティブビューの向上はサイトに合わせた施策が求められる。

となります。

そして最も気になる部分は実際に「アクティブビュー率の施策で収益性が向上するのか!?」
というリアルな所ですね。

その様なわけで、Team-SKY30で「アクティブビュー(視認率)向上のための施策」を実施し、各自レポートにまとめました。
今後のブログ更新に是非ご期待ください!

AdSense広告の視認率を高めると収益性が向上する?(竹中)
アクティブビュー率向上施策 ゲーム攻略サイトはアクティブビュー率との相性がめちゃ悪い!(加藤)
収益性が40%向上したアクティブビュー改善の施策!(児島)


タグ


執筆者


新着記事

2018.05.31 Thu

「アドセンスの初心者応援ライブ」を実施しました!


2017.12.04 Mon

収益性が40%向上したアクティブビュー改善の施策!


2017.12.04 Mon

アクティブビュー率向上施策 ゲーム攻略サイトはアクティブビュー率との相性がめちゃ悪い!


2017.11.28 Tue

AdSense広告の視認率を高めると収益性が向上する?


2017.11.14 Tue

【Team-SKY30の取り組み】アクティブビュー(視認率)向上の施策


2017.02.20 Mon

【告知】宮崎智之氏をゲスト講師にお招きして「第15回ゲームライターコミュニティセミナー」を開催します


2016.09.20 Tue

グローバル(多言語)サイトのURLってサブドメイン?サブディレクトリ?


2016.07.09 Sat

wordpressでループの途中に簡単に広告を入れる方法


2016.07.09 Sat

【旬?】最近やっているモバイル対策


2016.05.05 Thu

1か月PVアップトライアル!結果報告




にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ